バイリンガルはもはや当たり前?

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

 

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

先日お話した「meetup.com」のPub Crawlで出会った人に、ベトナム系スイス人の人がいました。彼はスイスに移住したベトナム人の両親の元に生まれ、大人になってから日本で仕事をしていたそうです。

スイスはその地形や歴史的な背景から、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4ヶ国語が使われています。

彼はフランス語を主に話しますが、英語も堪能で、そのほかにもベトナム語とイタリア語、そして日本語と、なんと5ヶ国語も話せるそうです。会話の中でたまに日本語を使っていましたが、訛りの少ないとてもきれいな日本語でした。

ヨーロッパの人は彼のように語学の堪能な方がとても多いです。他にもスイス人の友人がいるのですが、彼もイタリア語、フランス語、ドイツ語、英語の4ヶ国語をとても流暢に話します。

彼らからすると、一つの言語しか話せないことの方が不思議だそうです。とはいっても、彼らも楽な道を通ってきたわけではありません。小さい頃からいくつもの異なる言語を話すように教育され、一生懸命勉強をしてきたのです。ただ小さい頃から多言語に触れたおかげか、大人になってからでも新しい言語を習得するのが比較的早いようです。

私は歌のためにスペイン語の発音を勉強しましたが、話せる外国語は英語だけです。旅をしていると最低でもトリリンガル、という人たちによく出会いますので、自分が2ヶ国語しか話せないことが恥ずかしくなる時さえあります。

言語はやはり幼少の時に習得することが大切ですが、バイリンガルの子供を育てることに否定的な日本人が多くて驚いたことがあります。

小さい頃から英語などを教えるのはいいことかもしれないが、日本語を母国語として早く選んでおかないと、大人になるにつれて混乱し、日本語がつたない大人になってしまうんだとか。

私はその意見を疑問に感じます。カナダで育った帰国子女の日本人の友人がいますが、彼女は英語も日本語も完璧で、翻訳やライターといった文章力が必要とされる分野で活躍しています。

確かに混乱する場面も出てくるかもしれませんが、結局は本人次第だと思います。4ヶ国語や5ヶ国語を話すとなれば、単語を忘れてしまったり文法を間違えてしまうこともあるでしょうが、1ヶ国語しか話せないよりはいいと思います。

また、多言語を話せる人は仕事にも困らないでしょう。先ほどのベトナム系スイス人の人も転職活動中だそうですが、3ヶ国語以上を話せる人材を探している企業も多く、多数の会社から声がかかっているそうです。彼は営業職だそうですが、他にも語学の先生や通訳、翻訳といった職業はいつの時代も必要ですから、仕事にあぶれることはないと思います。

ヨーロッパでは、無料で言語を勉強できるコミュニティーなどがたくさんあるんだそうです。日本では多額のお金を費やしても、外語大を卒業しても英語を話せるようにならないという不思議な教育が行われていますが、ヨーロッパのようにオープンに言語を学べる環境が早く整うようになるといいですね。

もちろん大人になってからでも言語の習得は遅くありません。ハイリンヒ・シュリーマンというドイツの考古学者は、19歳の時から語学の勉強をはじめ、3年間で7ヶ国語を習得し、生涯でなんと18ヶ国語も習得したそうです。語学はやればやるほど身につきますから、あきらめずにコツコツと積み重ねればシュリーマンのようになるのも夢ではないかもしれませんね。

国際社会では、バイリンガルはもはや当たり前という空気があります。乗り遅れないように、今からでも毎日の生活に語学の勉強を取り入れてみてください。

 

次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>