高音で歌えるようになりたい!④

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

 

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

今日は、先日書いた「高音で歌えるようになりたい!③」の続きです。

前回は声の種類をいくつか紹介しましたが、今日はさらに違う声の種類を紹介しましょう。

 

ファルセット

いわゆる「裏声」です。ヘッドボイスで裏声に入った時よりも、声帯を大きく開いて響かせるので、声も大きくビブラートします。ヘッドボイスの裏声は声帯を閉じた状態で出すので、締まりのある固めの裏声となります。

 

レジットボイス

これは日本ではなじみのない呼び方かもしれませんが、ミュージカルで使われる歌声です。「サウンドオブミュージック」のジュリー・アンドリュースのようなクラシカルな歌声がこのレジットボイス(Legit Voice)です。

 

ベルトボイス

こちらもミュージカルの歌声です。レジットボイスとは違い、張りのある地声の歌唱法です。「キャバレー」のライザミネリのような力強い歌声がベルトボイスです。最近のミュージカルではレジットよりもベルトが多用されます。

 

次回は裏声を強くする実践法を紹介します。

次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>