高音で歌えるようになりたい!③

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

 

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

今日は、先日書いた「高音で歌えるようになりたい!②」の続きです。

生まれ持っての声域はボイストレーニングをしてもあまり変わらず、もともと持っている声で出にくい音域を鍛えることが高い声で歌えるようになる秘訣、というお話を②の記事で書きました。

具体的な方法を紹介する前に、声の種類についてお話しましょう。

地声や裏声と言っても様々なタイプの声があり、音楽のジャンルや歌い方、それに先生によっても分け方が曖昧ですが、一般的によく使われている種類をご紹介します。

まず最もポピュラーなのがこの3種類です。

<チェストボイス ・ ミドルボイス ・ ヘッドボイス>

チェストボイスというのは文字通り胸の辺り(実際には少し胸の上の方)に共鳴する声です。話し声がチェストボイスに近いと言われています(高い裏声で話す方は違いますが)。話している時や低い音域で歌っている時に胸の上の辺りに手を置いてみると、振動しているのが分かると思います。

ミドルボイスはチェストボイスより高い音域で、顔の真ん中から下に共鳴する声です。ボイストレーニングでは鼻に響かせる発声を行いますが、鼻に響かせて出やすい音域はこのミドルトボイスに入ります。軽くハミングをしながら指で軽く鼻の小鼻のあたりに触れてみると、小鼻が振動しているのが分かると思います。

ヘッドボイスはミドルボイスの更に高い音域で、文字通り頭の方に共鳴する声です。女性だとこの辺りの音域で裏声に移行する方が多いようです。

 

ボイストレーナーの中には、ミックスボイスは地声と裏声のミックスでヘッドボイスは強めの裏声、と言う方もいますが、私はそのようには解釈していません。ヘッドあたりの音域で地声を出せる人もいれば、私のように曲によってチェストの音域で裏声を使うシンガーもいるからです。音域でチェスト・ミドル・ヘッドを分ける先生もいますが、私はあくまで自分の体に共鳴している音域を自分自身で感じることが必要だと思っています。これはある程度のボイストレーニングの経験が必要になります。

ボイストレーニングではいわゆる「イメージトレーニング」を多用します。ボイストレーニングを習っている人なら「お腹から声を出して」とか、「頭のてっぺんから声を出して」という表現を聞いたことがありますよね。

実際はお腹や頭のてっぺんから声が出るわけではありません。音が出るのはあくまで声帯から、それが体全体に共鳴します。

「お腹から声を出す」とは、お腹から声が出ているつもりでしっかりお腹に力を入れて歌う、「頭のてっぺんから声を出す」とは、声帯から出た音を頭のてっぺんに送って遠くへ声を飛ばすように歌う、というあくまで比喩なのですね。

でもイメージを強く持つと体というのは不思議なもので、だんだんそんな声に近づいてきます。

自分の声が胸に響いている時はチェストボイスの音域ですので、胸の振動を大きくして声を響かせるようなイメージで練習します。鼻の振動も同じです。

頭の振動は分かりにくいので、ミドルから音を高くして鼻の振動が少なくなってきたらヘッドボイスに移動する頃なので、今度はおでこや頭のてっぺんを意識してこの辺で声が響いている、とイメージします。

そうすると声がだんだん自分の狙ったところへ集まるようになり、抜けのいい声になってきます。

 

次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>