カテゴリー別アーカイブ: おすすめ動画

英語でヨガ②

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

先日こちらの記事でおすすめのヨガの動画を紹介しましたが、今日はまた別のおすすめヨガ動画を紹介します。

先日も少し触れたyogayakですが、なんと200以上もの動画をyoutubeにアップしています。

私のお気に入りはMichael Rielという方のビデオで、首と肩のコリをほぐしてくれるヨガのポーズをゆ~っくりとたくさんやってくれます。

静か~に話すMichaelさんの声も何気に癒されますね。

YouTube Preview Image

ただ肩がコリすぎている人には結構きついポーズも多いので、様子を見ながらやるようにしてください。

ヨガでは「自分の体に耳を傾けて」とよく言います。自分の体を一番分かっているのは自分ですから、不自然な痛みやしんどさを感じるポーズはお休みするようにしましょう。

ボイストレーニングを教えていていつも思うことですが、皆さん本当に肩、首、背中がこってます。

そんな生徒さんたちをほぐすためにレッスンでは時々ストレッチもやります。

たかがコリですが侮れません。体が硬いと声もてきめんに硬くなります。

シンガーは体が楽器ですから、硬い体くなってしまってはボディが錆び付いたギターのようなものです。

特にこれからの季節、寒さで体も縮こまってきますので、ストレッチやヨガでしっかり体を温めるようにしてくださいね。

それでは次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami

英語でヨガ①

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

今日はおすすめのヨガ動画をおすすめします。

歌にも英語の発音にも、呼吸が大切というのは何度かこのブログでもご紹介しました。
筋力や基礎体力、それに柔軟性も大切ですから、ヨガをやるのはとてもいいと思います。

スコットペリー先生も、ヨガと英語の発音を組み合わせたDVDを制作しているくらいです。

ただ一つ注意してほしいのは、ヨガでは胸式呼吸を使うことも多い、ということです。

胸を大きく膨らますように指導しているレッスンもあると思いますから、歌や英語の発音を勉強している人は、混同しないように胸ではなくお腹を膨らますイメージでヨガをされるといいですね。

どちらも使いこなせたらいいにこしたことはないのですが(私は歌は腹式、ヨガは胸式と使い分けています)、腹式呼吸に慣れるまでは腹式だけに集中したほうがいいと思います。

さて前置きが長くなりましたが、どうせだったらヨガも英語でやってしまおうということで、私のおすすめはDoYogaWithMe.Comというヨガサイトにアップされている、Fiji McAlpineというヨガのインストラクターのビデオです。

YouTube Preview Image

ヨガのフリー動画ではyogayakというのもありますが、DoYogaWithMe.Comの方が映像や音がプロフェッショナルですね。

Fiji McAlpineはとにかくポーズが美しく、ヨガをしながら思わず見とれてしまうほどです。表情や声も凛として、毎回とても気持ちいいエネルギーをもらえます。

シャバーサナ(「屍のポーズ」という、最後に心身をリラックスさせるポーズ)の時の言葉も、癒しながらも力強く、彼女の声を聞きながら目を閉じていると、心身が大地にかえっていくような壮大なパワーに包まれます。

音楽や映像もとてもセンスがいいので、是非みなさんも一度見てみてくださいね。

それでは次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami

不眠症・睡眠障害に効く、アメリカ英語催眠術ビデオ

こんにちは!発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

Highwe Voice」を主宰している、

シンガー/作曲家/プログラマー/ボイストレーナーのMakiMannamiです。

 

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

実を言うと私は不眠症です。その歴史も長く、不眠症歴なんと幼稚園から。

 

不眠症と言うよりは睡眠障害と呼んだ方がいいのか、

寝入りは恐ろしくいいのですが、眠りが浅くすぐに目が覚めて、

ひどい時など一晩で78回も起きてしまうほど。

 

幼い頃は、真っ暗な天井を見つめながら、怖くてよく1人で泣いたものです。

 

この睡眠障害がひどい時が続くと、ぐったりして体を壊してしまうこともあります。

 

そういうわけで、質の良い睡眠のためにヒーリング音楽などを探していた時期がありました。

 

ですがやはり自分はミュージシャンのため、眠る用に作った音楽などを聞いていても、

=”MsoNormal” style=”margin: 0mm 0mm 0pt;”> 

「このピアノ、もっとゆっくり弾いていたら眠気を誘うのにな~」

 

とか、

 

サブリミナル効果で眠れるメッセージが入っているというCDを見つけても、

ちょっとしたホワイトノイズに反応して、

 

「このホワイトノイズにサブリミナル効果のメッセージが隠されているのかな~」

 

などと余計なことを考えて音に集中してしまい、余計に眠れなくなってしまいます。

 

そんな時に偶然見つけたのが催眠術のビデオ。

 

これはちょっと面白いかも? と思ったのですが、

しかしそこはやはり職業柄、日本語のナレーションだと集中できず

(私は日本人女性のハイトーン・ナレーションボイスが非常に苦手)

 

英語でもオーストラリア訛りやイギリス訛りだと、訛りが気になって集中できず、

 

いろいろ探してようやく、

アメリカ英語&ナチュラルボイス&気にならないBGM、

という私の勝手な基準を満たすビデオを見つけることができました。

 

最初は心のどこかで胡散臭いと思っていたのが、このビデオ見たとたん意外に意外、 

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

HigherVoice」を主宰している、

シンガー/作曲家/プログラマー/ボイストレーナー Maki Mannamiです。

 


スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから


私はいつも、生徒さんたちに「口を大きく開けましょう」と、何度もしつこく言います。

これは歌にも英語にもとっても大事なことなんです。

口を大きく開ける、なんてとても簡単なことのように思えますが、これがなかなかうまくいきません。

私の言う「大きな口」というのは、カットオレンジのようなきれいなスマイルの形なんですが、

口の筋肉が発達していない日本人の生徒さんにやってもらうと、これがなんとも不思議にいびつな形になってしまいます。

歯がまったく見えずに顎だけ大きく下がってしまうとか。

上の歯をきれいに見せて欲しいのに、下の歯だけ丸見えになったりとか。

普段どれだけ口の筋肉を使っていないかがよく分かります。

そこで今日は、私が是非みなさんに真似をしてほしい動画をいくつかアップしますね。

早口になるときはそんなに口を開かないし、はっきり話す時でもここまで口を開けないネイティブもいます。

でも皆さんは、口の筋肉が発達していない日本人なんです。まずはこのくらい頑張って鍛えないといけません。

筋トレだと思って真似してみてください。

 

まず最初の動画は、日本でも放映されている「Giada At Home(邦題:ジャーダのおもてなしレシピ)」という料理番組のホスト、ジャーダ・ラウレンティスさんです。

 

 

話すときにマックスに口を開いてますね。

おいしそうな料理とジャーダさんの美しさに見とれすぎないように、しっかり口に注目してくださいね。

 

次の動画は、ミュージカル「WICKED」から「DefyingGravity」を歌う、 ミュージカル女優のIdinaMenzelさんです。(0:47くらいから登場し、1:10くらいで顔がアップになります)

ミュージカルの場合は舞台で歌詞を聴かせないといけないので、かなりはっきりと発音します。なので発音の形がとっても参考になりますよね。

それにしてもStephen Schwartzのこのナンバー、何度聴いても鳥肌が立ちます。

ミュージカルの舞台は滅多に映像化されないので、この動画はかなり貴重ですよ。

 

次の動画はおまけ。

先ほどのIdina Menzelさんは「WICKED」のブロードウェイ・オリジナルキャストでしたが、実は私はこちらのRachel Tuckerさんの方が好き。(0:40あたりから登場)

彼女はロンドンキャストなので、随所にイギリス発音が混じっています。

イギリス人シンガーも通常はアメリカ発音で歌うのですが、ウエストエンドのミュージカルなどではわざとイギリス発音で歌うことがあります

いかがでしたか? こんな風に素晴らしいパフォーマンスを気軽にインターネットで見られるなんて、今の時代は本当に便利ですね!

それでは次回の更新をお楽しみに!

Maki Mannami