カテゴリー別アーカイブ: 使える英語フレーズ

「If I may be so bold」の意味は?

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

 

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

「If I may be so bold」ってどんな意味ですか? どんな時に使うんですか? という質問を生徒さんから受けました。

これは自分がしてもいいかなと思うことをする時とか、相手に聞いてもいいかなと思う質問をする時に使います。

Boldには「大胆な」とか「図々しい」という意味がありますから、直訳すると「もし私が大胆になってもいいなら」、「もし私が図々しくしてもいいなら」となり、「大胆にも・・・してもいいですか?」「図々しいですが・・・してもいいですか?」という文章になります。

その後にはよくtoas toをつけて動詞をつけます。

例えばよく使われるのが「If I may be so bold to say…」もしくは「If I may be so bold as to ask…」という文章で、「…と言ってもいいですか?」「…と聞いてもいいですか?」という文章になります。

例文を書くと、

If I may be so bold to say, you should consider the issue carefully.

言わせてもらいますが、この問題についてよく考えるべきですよ。

If I may be so bold as to ask, why were you crying?

つかぬことをお聞きしますが、なぜ泣いていたんですか?

If I may be so bold as to say, you look so beautiful tonight.

大胆なことを言わせてもらうけど、今夜の君はきれいだよ。

 

などなど、いろいろな場面で使うことができますね。

その他にも、

If I should be so bold, …

If I could be so bold, …

If I can be so bold, …

という形でも使えますね。

まあ、ちょっとキザに聞こえたり遠慮しすぎに聞こえたりするので、あんまり使わないというネイティブの人もいますが、遠慮することが文化の私たち日本人には割と活躍するフレーズではないでしょうか。

これをしてもいいかな? 言っていいかな? と思ったときに、皆さんもぜひ使ってみてください。

 

次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami