カテゴリー別アーカイブ: 世界のニュース

ソチオリンピックの舞台裏と使えるフレーズ

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

閉会式も近づいているソチオリンピックですが、舞台裏では複雑な事情もあったようです。少し前のアメリカのニュースなのですが、こんな見出しの記事がありました。

 

「Too Far, Too Complicated: Why Some Families Will Sit Out Sochi」

(遠すぎる、複雑すぎる : なぜ何組かの家族がソチに参加できないのか)

 

記事の内容を要約するとこんな感じになります。(英文の記事は最後に載せておきます)

「アメリカ人の選手たちがソチオリンピックへと旅立ったが、その家族の多くが応援に行くことはできなかった。

ロシアではテロの恐怖や安全性への懸念があるために、米国務省がアメリカからの旅行者や選手の家族に、家に残るように要請している。

また旅行費は4年前のバンクーバー冬季オリンピックに比べて4倍近くにもなり、一度ホテル代を支払ったにも関わらず、ロシア側からの予約や金額の変更が相次いでいる。ビザの手続きも大変困難になっていることもあり、選手の家族たちは頭を痛めている。

たとえ応援に行けたとしても、観戦は厳しく規制され、現地の観光も十分にできないだろうと予想する家族もいる。

ソチに行く準備を進めている家族も、テレビで選手たちの活躍を見守ることにした家族も、セキュリティやテロに対する恐怖が常にあると言う」

 

こういった環境では選手も競技に集中するのが大変だったかもしれませんし、家族も複雑な気持ちを抱えていたことでしょう。

 

さて、記事の中から使えるフレーズを抜粋しました。

Tim is off to Sochi to compete. (ティムはソチへと戦いに行った)

offというのは去る、いなくなるという形容詞でもあります。I’m off to work (仕事に行くよ)という感じで使えますね。

 

The uncertainty certainly did weigh into it.

直訳すると「不確かさが確かにそれを熟考した」となり、一瞬難しいように思えますが、uncertaintyとは不確かなことや疑念、weigh intoとはよく考えたり検討したりするという意味があります。itは、ここではソチに行くかどうかという決断を指します。ですのでこの場合は「不確かなことがあったのでじっくりと考えることになった」、という意味になります。

 

There are so many fingers in the pie in this particular event.

「so many fingers in the pie」というのはもともと料理からきているフレーズで、パイを作るのに指がたくさんある=料理をするのにシェフがたくさんいる、要するに一つのことに関わっている人が多すぎる、という意味になります。ここではソチの旅行業者や官僚など、「ソチオリンピックへの観光をややこしくしている人間が多すぎる」ということですね。

 

以下が英文記事の全文になります。(太字のところが使えるフレーズです)

 

On a frigid afternoon, Jack Burke is coaching young skiers in a field in Saranac Lake, N.Y. His son Tim — who shoots and skis as part of the U.S. biathlon team — got his start training here. Now, Tim is off to Sochi to compete, but Jack and his whole family are staying home, missing the games for the first time since Tim’s first Olympics in 2006.

The uncertainty certainly did weigh into it,” says Jack. “The cost was substantial, and costs seemed to be changing weekly.”

For a lot of families of athletes, the Winter Olympics are a kind of pilgrimage — they’ve made the trip to Salt Lake and Turin and Vancouver. But this year, it’s different: more costly, more nerve-wracking.

There’s a lot of anxiety about safety and the threat of terrorism in Russia: The U.S. State Department has issued a travel advisory for Americans traveling to the games, and some athletes in the U.S. have been urging family members to stay home. But safety fears are only the latest complication for families debating whether to make the trip to Sochi.

Ed Mazdzer’s son Chris is a luge racer, riding one of those superfast sleds. Because Chris is a serious medal contender, Ed and his family are going to Russia. But the decision wasn’t easy.

“It’s $18,000 for four of us in our family,” he says, pointing out that it’s probably four times as expensive as going to Vancouver four years ago.

Marty Lawthers, Chris’ mom, says the family had to borrow against their life insurance policy to pay for the trip. She says that along with the cost of travel and hotels came the expense and headache of dealing with Russian bureaucracy.

“I think the whole visa process was just crazy — just crazy,” she says. “There are so many fingers in the pie in this particular event.”

Even families who’ve paid thousands of dollars say they’ve had their reservations changed or canceled, over and over.

“As recently as three weeks ago, we got an email from the organizers saying they were moving us again,” says Helen Demong, the mother of Nordic combined skiing gold medalist Bill Demong.

She says their hotel rooms, which were reserved and paid for months in advance, keep evaporating: “That particular hotel was run by a Russian businessman, and he had double-booked it and he had no rooms set aside for us.”

It’s hard to say how many American families are opting out because of these hurdles. Jack Burke says he thinks a lot of Olympics fans are also turned off by the impression that Sochi is remote from the rest of Russia, and just isn’t known to Americans as a must-see destination.

“We felt that if we went to Russia, it would strictly [be] watching events, and experiencing the local culture or getting around would probably be limited,” Burke says.

Everyone interviewed for this story — those going to Sochi and those watching from home on TV — says worries about security and terrorism are constantly in the back of their minds. Helen Demong says these games will be nerve-wracking, especially after the Vancouver Games, which felt almost like a hometown Winter Olympics

“Absolutely we’ll be more cautious,” she says. “But we’re going to be surrounded by family and friends, and I’m sure we’re going to raise a glass of Russian vodka, and we are going to celebrate.”

 

次回の更新もお楽しみに!

Maki Mannami

パキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連スピーチ③

 

 

 

 

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

マララさんの自伝I Am Malala

マララさんの自伝I Am Malala

前回に引き続き人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連でのスピーチを抜粋して紹介しています。

 

パキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連スピーチ①はこちらから

 

パキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連スピーチ②はこちらから

 

 

Dear sisters and brothers, I am not against anyone.

 

親愛なる少年少女の皆さん、私は誰にも抗議してなどいません。

 

against ~に抗議している

 

 

Neither am I here to speak in terms of personal revenge against the Taliban or any other terrorists group.

 

また、タリバンやほかのテロリストに個人的な復讐のために話しているわけでもありません。

neither am Ior ~や~もしてない

 

I am here to speak up for the right of education of every child.

 

すべての子供が教育を受ける権利を訴えるためにここにいるのです。

 

speak up 声を上げて言う (動詞の後にup をつけることで、その動詞をオーバーに表現することがります。 eat up たいらげる drink up 飲み干す など)

 

I want education for the sons and the daughters of all the extremists especially the Taliban

私はすべての過激派、特にタリバンの子供たちに教育を受けさせることを望みます。

 

extremist 過激派

 

One child, one teacher, one pen and one book can change the world.

一人の子供、一人の先生、一つのペン、本一冊で世界を変えることができるのです。

 

 

Education is the only solution. Education First.

教育こそが唯一の解決策なのです。教育を第一に。

 

 

 

全編20分近くにも及ぶ感動的なスピーチ、是非チェックしてくださいね。

 

YouTube Preview Image

 

 

 

それでは次回の更新をお楽しみに!

 

Maki Mannami

パキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連スピーチ②

 

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

 

無題

前回に引き続きパキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連でのスピーチを抜粋して紹介しています。

パキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連スピーチ①はこちらから

 

 

 

Dear Friends, on the 9th of October 2012, the Taliban shot me on the left side of my forehead.

They shot my friends too.

 

親愛なるみなさん、2012年10月9日に私はタリバンに額左側を銃撃されました

私の友人も撃たれました

 

Shot  shoot (~を撃つ)の過去・過去分詞 shoot 人 on~で~(の部分)を撃つ

 

 

They thought that the bullets would silence us. But they failed.

 

彼らは弾で私たちを黙らせることが出来と考えていました。しかし、彼らは失敗したのです。

 

bullet 銃弾

silence  黙らせる、口を封じる

(直訳すると、「弾丸が私たちの口を封じるだろう」という意味になります)

 

 

 

And then, out of that silence came, thousands of voices.

 

そして沈黙からは数えきれないほどたくさんの声が生れたのです。

 

 

The terrorists thought that they would change our aims and stop our ambitions but nothing changed in my life except this: Weakness, fear and hopelessness died.

 

彼らは私たちの目的や野心を諦めさせようとしましたが、いくつかのことを覗いて私の人生の何も変えることができませんでした: その変化というのは、弱さ、恐怖、絶望がなくなったということです

 

(dieは死ぬという意味ですが、なくなる、消耗する、という意味でも使われます)

 

 

Strength, power and courage was born.

 

強さ、力、そして勇気が生れたのです。

 

 

I am the same Malala.

My ambitions are the same.

My hopes are the same. My dreams are the same.

 

私は(撃たれるまえと)同じマララです。

私の熱意は同じです。

私の希望も、夢も変わらず同じなのです。

 

③に続きます。

パキスタンの人権運動家、マララ・ユサフザイさんの国連スピーチ①

 

 

 

 

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

無料体験レッスンはこちらから

                                   Malala-Yousafzai-03

 

今日は僅か16歳で今年のノーベル平和賞の最有力候補に挙げられたパキスタンの少女、フェミニスト・人権運動家、マララ・ユサフザイさんの感動的なスピーチを抜粋してご紹介します。

 

彼女は故郷パキスタンで僅か11歳の時、

当時武装勢力支配下の下で恐怖に怯えながらも、

インターネットを通じてテロによる女子校の破壊活動を批判、女性への教育や平和を訴え続けてきました。

昨年10月学校の下校途中に、武装勢力より頭と首に銃撃を受け、意識不明の重体に陥りました。

イギリスの病院で集中治療を受け奇跡的に回復し、暴力に屈することなく変わらぬ熱意で、平和と女性と子供の権利を訴え続けています。

そんな彼女の勇気に世界が賞賛し、今年7月12日には彼女の誕生日にちなんでマララデーとし、国連でスピーチを行いました。

 

Dear brothers and sisters, do remember one thing. Malala day is not my day. Today is the day of every woman, every boy and every girl who have raised their voice for their rights.

 

親愛なる少年少女の皆さん、よく覚えていて下さい。マララデーは私のための日ではありません。今日のマララデーは自分の権利を求めて声を上げてきた全ての女性、子供たちのための日です。

 

Do remember 絶対に忘れない、動詞のまえにdoをおくことで強調の意味になります

Raise one’s voice for ~のために声を張り上げる、抗議する

right 権利

 

So here I stand…one girl among many.

だから私は多くの少女の中の一人としてここに立っています。

 

(among ~の中で  one girl among many girls という意味です)

 

 

 

I speak – not for myself, but for all girls and boys.

私は自分自身のためにではなく、すべての少年少女のために演説します

Speak 話す、演説する

 

 

I raise up my voice – not so that I can shout, but so that those without a voice can be heard.

私は自分が叫ぶためではなく、声なき人々に聞こえるように声を張り上げます。

(not so that A,but so that B で、 AのためではなくBのために、という意味になります)

(thoseはthose peopleという意味)

 

 

Those who have fought for their rights:

自分たちの権利のために闘ってきた人のために。

 

 

Their right to live in peace.

彼らが平和に生きる権利を

 

 

Their right to be treated with dignity.

彼らが威厳を持って扱われる権利を

dignity 威厳

 

 

Their right to equality of opportunity.

彼らが平等な機会を与えられる権利を

opportunity 機会

 

Their right to be educated.

彼らが教育を受ける権利を

②に続きます。

10年間監禁されたアメリカ人女性の力強い言葉

 

 

 

こんにちは!

英語発音矯正とボイストレーニングのオンライン・ボーカルスクール

「Higher Voice」を主宰しているMaki Mannamiです。

スカイプで遠方からでも受講可能!レッスンHPはこちらから

 

3人の女性を10年にも渡って自宅に監禁、性的虐待をし、ついに逮捕された男性のニュースが、アメリカを賑わせています。

 

この3人の女性の中の一人が10年たっても諦めず、監禁されていた家から脱走して近所の人に助けを求めたことから事件が明るみになりました。

 

10年間一歩も外に出られず虐待を受け続けたという生活は、想像を絶します。

 

救出された後の3人の女性のインタビューを見たのですが、そのうちのMichelle Knightという女性の言葉がとても印象的でした。

 

I may have been through hell and back,

“私は地獄を経験し、引き戻されてきたかもしれない。”

 

but I am strong enough to walk through hell with a smile on my face and with my head held high and with my feet firmly on the ground.

”それでも私は地獄の中を、顔を上げ、地に足をしっかりとつけ、笑顔を浮かべて歩けるほど強いのです。”

 

God has a plan for all of us.

The plan that he gave me is for me to help others that have been in the same situations I have been in.

”私たちには、神により与えられた計画があります。私と同じような状況にいる人たちを助けるための計画を、私は授かったのです”

 

 

また彼女は、自分の救出に力を尽くしてくれた人たちに宛てた感謝の手紙の中に、こう書いています。

 

Life is tough, but I’m tougher

“人生は厳しいですが、私はそれを超えるほどタフなのです。”

 

(toughという単語は厳しいという意味にも、タフという意味にも使われます)

 

もし自分がこんな体験をしたとしたら、彼女のような言葉を言えるようになるまでに一体何年かかるでしょうか。

また彼女は力強く、笑顔でこう言っています。

 

Be positive.

Learn that it is more important to give than to receive.

“ポジティブになりましょう。

受け取ることよりも、与えることが大切なのだと学びましょう。”

 

インタビューの動画はこちらから

(Michelleさんのインタビューは最後にあります)

YouTube Preview Image

それでは次回の更新をお楽しみに!

Maki Mannami